序文/展示室3                                 『神記憶』~私を受け止め明日へと導く風と雲と空の道~

私は、目に見えない、氣配のようなものに心

    を惹かれます。自然のなかに身を置き、心身

       を整えると、微かな波動に氣持ちが反応する

       のです。

深山に響く獣の鳴き声。川面を漂う朝霧。

空を流れる雲。木々の葉を歌わせる風。

照らす月光。射し込む陽光。

ふとした一瞬の出合いに、私はシャッターを

切ります。

撮影をしている間に、私の心の扉が開き、内

なる記憶が何かと呼応し、生きる力が湧いて

くるのです。生かされている。その実感に包

まれながら、この喜びを伝えなければと思う

のです。

 

慌ただしい日常のなかで、ふと足を止め、呼吸を整え、

あなたの心も感じ取ってくれることを祈っています。

形も確かではない、風や雲や空の道を。

そこに宿り、そこから放たれる、大いなる生きる力『神記憶』を。

   写真家 齊藤文護

   作品集『神記憶』巻頭文より